個別研究テーマ編集

高野孝義特任准教授
特任准教授 高野孝義

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

接触熱抵抗に関する研究(Study on Thermal Contact Resistance)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 高野孝義
研究概要

接触熱抵抗は、除熱・放熱や熱応力などに関係して、熱伝導による熱輸送を解析するうえで重要な量であり、積層型の構造を有する熱機器、宇宙機器をはじめ、これを重視する分野は多岐にわたっている。このため、接触熱抵抗の評価に関する研究が行われており、実験式や理論式が提案されている。しかし、接触熱抵抗は接触面粗さなど多くの因子の影響を受けるため、予め定量的に見積もることは困難であり、実験による評価が求められる場合が多い。これまで接触熱抵抗は定常法によって測定される場合がほとんどであったが、時間による変化や迅速測定が可能なことが非定常測定法の利点である。本研究では、まず、非定常測定法について理論的・実験的に具体的な検討を進め、接触熱抵抗の経時変化の測定を可能とした。そして、定常法による測定方法も含め、測定方式や測定精度のうえでより適切な測定手法を考案し、現象の再現性を重視しつつ、従来、接触熱抵抗の測定結果において定量的に説明ができていない現象の解析を進めている。

close

ページのトップへ戻る