個別研究テーマ編集

表面科学
准教授 原正則

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

キャパシタ用新規CNT複合電極の開発(Development of novel CNT composite electrode for capacitor)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 原正則
研究概要

高容量かつ高速な充放電応答性を有するキャパシタ用電極材料として、垂直配向カーボンナノチューブ(CNT)を基板電極(カーボンもしくは銅)上に直接成長させた新規電極の作製を行い、その電極性能の評価を行う。電極に用いるCNTはアルコール触媒化学気相成長(AC-CVD)法により合成を行う。作製した電極は、水溶液中もしくは有機溶媒中において性能評価を行い、電気二重層キャパシタ(EDLC)およびリチウムイオンキャパシタ(LIC)への応用を行う。

close

ページのトップへ戻る