個別研究テーマ編集

表面科学
准教授 原正則

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

直接形燃料電池用触媒の開発(Synthesis and Evaluation of Anode Catalyst for Direct type Fuel Cell)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 原正則
研究概要

水素キャリア分子を燃料に用いた直接形燃料電池のアノードに用いる新規電極触媒の開発を行う。水素キャリア分子の酸化反応に対して、高活性かつ選択性の高い触媒の開発には、触媒に用いるナノ粒子の元素だけでなく、触媒のサイズや表面構造、さらには担体の素材などの制御も重要となる。本研究では、水素キャリア分子に用いられる芳香族系有機分子に適した触媒の開発・評価を進める。

close

ページのトップへ戻る