個別研究テーマ編集

エネルギー材料
教授 竹内恒博

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

価数揺動を示す準結晶におけるフェルミ準位近傍の電子状態の研究(Study for electronic structure near Fermi level in valence fluctuating quasicrystals)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 松波雅治
竹内恒博
研究概要

近年発見された価数揺動を示す準結晶においては,フェルミ準位上で「擬ギャップ」と「近藤共鳴ピーク」という二つの特徴が競合・共存すると考えられる.本研究では光電子分光を用いて価数揺動準結晶におけるフェルミ準位近傍の電子状態を明らかにする.

close

ページのトップへ戻る