個別研究テーマ編集

エネルギー材料
教授 竹内恒博

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

Bi系酸化物高温超伝導体における超伝導ギャップのキャリア濃度依存性の解明

個別研究テーマ
(英語)

Carrier concentration dependence of energy gap in Bi2Sr2Ca(n-1)CunO(4+2n) high Tc superconductors

研究者 竹内恒博
研究概要

酸化物高温超伝導体では,超伝導状態において,フェルミ面上に超伝導ギャップと擬ギャップが観測される.それぞれが大きくなる条件を見いだすことで,高い超伝導臨界温度が得られる機構の解明を目指している.超高分解能Laser励起角度分解光電子分光装置と,放射光励起角度分解光電子分光装置を駆使することで,フェルミ面上の限られた方向にのみ出現する超伝導ギャップのキャリア濃度依存性を詳細に調べる.

close

ページのトップへ戻る