TOP > 研究室情報

研究室情報

物質工学分野

研究室概略 量子構造の表面・界面の電子物性の研究
研究室紹介 量子構造の表面・界面の光・電子・化学物性の基礎研究・制御・応用
 量子ナノ構造を物理的・化学的に作製し、その表面・界面における電子的な挙動の基礎研究を行っている。
応用として、光・電子・化学的な機能の制御と新たな機能創出を目指している。特に電子物理と化学の境界領域に焦点を当てた研究に取り組んでいる。
主な研究テーマ ・量子構造表面界面の光・電子物性
・III-V族半導体のエピタキシャル結晶成長機構
・コロイダル半導体ナノ粒子の合成と物性
・可視光応答光触媒の開発
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Zairyo/QIL-Website/Home-J.html
個別研究テーマ
テーマ 研究者
SML成長法を用いたInGaAs系長波長蛍光体の開拓(Development of InGaAs-based long wavelength-emitter by SML growth) 神谷格
太陽光を利用した光電極材料の開発 (Development of highly efficient visible-light responsive photoelectrodes) 山方啓
太陽光を利用した可視光応答型光触媒の高性能化 (Development of highly efficient visible-light responsive photocatalysts) 山方啓
InAs量子構造を用いた光アップコンバージョン(Photon upconversion using InAs quantum structures) 神谷格
固液界面における水和殻崩壊過程の時間分解赤外分光観察 (Time-resolved IR absorption study on surface reactions at the liquid/solid interfaces) 山方啓
フェムト秒時間分解可視近赤外中赤外吸収分光法を用いた光励起ダイナミクスの解明 (Femtosecond time-resolved visible to mid-IR absorption study of photogenerated charge carriers in photocatalysts) 山方啓
半導体界面の基礎電子物性(Fundamental studies of semiconductor interfaces) 神谷格
ナノ秒時間分解可視近赤外中赤外分光法を利用した光触媒のキャリアーダイナミクス (Nanosecond time-resolved visible to mid-IR absorption study of photocatalytic reactions) 山方啓
エピタキシャル結晶成長とその機構解明(Epitaxial crystal growth and its mechanisms) 神谷格
K+の濃度変化に誘起されるカリウムチャネル分子の構造変化 (K+ induced structural changes of KcsA channels) 山方啓
太陽電池の作製と基礎物性(Preparation and properties of solar cells) 神谷格
機能性ナノ薄膜の作製と物性(Preparation of functional thin films and their properties) 神谷格
液相結晶成長とその機構解明(Colloidal crystal growth and its mechanisms) 神谷格
太陽電池応用へ向けたSi-金属界面の検討(Si-metal interface studies for solar cell applications) 神谷格
GaAsにおける長波長発光欠陥の生成機構解明と制御(Identification of the genration mechanisms of long wavelegnth-emitting defects in GaAs and their control) 神谷格

ページのトップへ戻る