TOP > 研究室情報

研究室情報

機械システム分野

研究室名 熱エネルギー工学   
研究室スタッフ 武野計二(教授) ナシム キャディ(PD研究員) 
研究室概略 燃焼・ガス化の基礎現象の解明、および高効率でクリーンな燃料エネルギー変換と再生可能エネルギーの開拓
研究室紹介 反応性熱流体力学の見地から燃焼・爆発現象を解明
 本研究室における研究のキーワードは、「燃焼」、「エネルギー」、「伝熱」、「安全工学」である。そして人類の生活に欠かせないエネルギーを、如何に高効率、安全、クリーンに造り出すかを最終的な研究目的としている。
 本研究室で最も注力しているテーマである燃焼現象は、流体力学、伝熱、熱力学、化学反応、移動速度論、数値計算などを基礎とする複合現象であり、反応性熱流体力学と呼ばれることもある。複合現象ゆえに解析も難しく、環境問題となっているPM2.5(2.5μm以下のParticle Matter)の生成メカニズムでさえ研究途上にある。この複雑な現象を基礎実験、理論、モデル化、数値計算によってアプローチしていく。
 また、再生可能エネルギーとして注目されるバイオマス(草木)の高効率エネルギー変換を目指している。バイオマスは、単位重量当たりの発熱量が代表的な固体燃料である石炭の1/2程度と低いため、ガス化、熱水分解、炭化などの手法でエネルギー密度を増加させる研究が鋭意実施されている。本研究室では、ガス化による水素製造、炭化条件と炭化燃料の反応性の関係解明などの研究を行っている。
 工作機械や宇宙機器の移動部位における位置決め精度は、近年サブμm以下へと要求が高まっているが、例えば転動体の接触部位や組み立てた部材間に接触熱抵抗があれば、温度の不連続性が起因となり不測の膨張が起こり、機械精度に大きな影響を及ぼす。本研究室では、接触面の微細形状や曲率と接触熱抵抗の関係について調査している。
 以上のように本研究室で取り組んでいる燃焼、エネルギー、伝熱は、航空宇宙、エネルギー/廃棄物関連、エンジン、冷熱機器などの産業界で必須となる学問であり、社会の要求を見据えながら基礎現象を追求する姿勢で研究を行っている。
主な研究テーマ ・高圧気体の燃焼機構、保炎条件、および安全工学の研究
・可燃性気体の発火における熱面金属表面のミクロ形状の影響
・固体、および粗悪液体燃料の燃焼・ガス化機構、高粘度液体の噴霧
・再生可能エネルギー(バイオマス等)の有効利用(高度エネルギー変換)
・エネルギー機器における伝熱(接触熱抵抗ほか)
研究室HP https://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/n-energy/index.htm
個別研究テーマ
テーマ 研究者
特殊伝熱に関する研究(Special problem such as contact resistance on heat transfer) 武野計二
高圧気体の燃焼機構、および安全工学の研究(High-pressurized jet flame and safety engineering) 武野計二
再生可能エネルギー(バイオマス等)の有効利用に関する研究(Utilization of renewable energy such as biomass) 武野計二
安全工学および環境への影響(Environmental impact and safety engineering of energy system) 武野計二
粗悪燃料(超重質油、低揮発分炭など)の燃焼・ガス化機構に関する研究(Combustion and gasification of low grade fuel such as oil residue or brown coal) 武野計二

ページのトップへ戻る