TOP > 研究室情報

研究室情報

特任教員

研究室名 高野孝義特任准教授   
研究室スタッフ 高野孝義(特任准教授) 
研究室概略 熱が関係する現象を詳しく解析し,熱機器の設計,高効率化,省エネルギーなどに役立てる研究
研究室紹介 熱エネルギー有効利用のための基礎現象解析と応用
 エネルギーの有効利用,省エネルギーは持続可能な社会を実現していくうえで必要不可欠な命題となっている。研究課題の主体は熱エネルギーの有効利用のための基礎解析と技術開発であり,これらを通して環境問題へも取り組んでいる。内燃機関の燃焼効率改善や熱損失の低減,固体材料の熱物性値計測法,食品加工プロセスの熱および物質移動の解析,小型熱交換機器や新しい潜熱利用蓄熱器などがその主なものである。また、新しい技術開発に伴って熱エネルギーが関連する分野も多様化しており,必要な沸騰伝熱,燃焼,熱物性等に関する基礎研究も継続的に実施している。
主な研究テーマ ・燃焼室壁面熱損失に関する研究
・ディーゼル燃料噴霧の形成とその自着火,燃焼に関する研究
・直噴ガソリン噴霧の形成とその燃焼に関する研究
・自励振動ヒートパイプの動作原理に関する基礎研究
・自励振動ヒートパイプの熱輸送性能に関する研究
・多孔質固体の有効熱伝導度に関する研究
・接触熱抵抗に関する研究
・熱物性値の非定常計測法に関する研究
・食品製造プロセスにおける熱および物質移動に関する研究
・小型熱交換器・潜熱蓄熱器に関する研究
・燃料電池内の熱および物質移動に関する研究
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/teec/
個別研究テーマ
テーマ 研究者
内燃機関の燃焼室壁面熱伝達に関する基礎研究(Transient Heat Transfer to the Combustion Chamber Wall of Internal Combustion Engines ) 高野孝義
ステップ加熱法による多孔質体材料の熱拡散率、熱伝導率の計測方法に関する研究(Measuring Method of Thermal Diffusivity and Thermal Conductivity of Porous Materials Applying Rectangular Stepwise Heating) 高野孝義
自励振動ヒートパイプにおける熱流動現象に関する研究(Study on Fundamental Operating Mechanism and Thermal Performance of Self-Induced Oscillation Flow Heat Pipe) 高野孝義
接触熱抵抗に関する研究(Study on Thermal Contact Resistance) 高野孝義

ページのトップへ戻る