TOP > 研究室情報

研究室情報

物質工学分野

研究室概略 ナノ機能材料の合成、評価、応用に関する研究
研究室紹介 原子レベルで物質表面を構築・評価し、新機能ナノ材料を開発
 物質表面をナノオーダーで制御・評価し、ナノカーボンなどの新規物質を利用した新しいエネルギー材料や環境材料の提案とその創製を目指す。
具体的には電子・光学デバイス開発、燃料電池や太陽電池の電極材料の高性能化、水フィルターなどの環境デバイス開発を進めている。
主な研究テーマ ・カーボンナノ材料の合成と応用
・探針増強ラマン散乱分光法による材料評価
・次世代電池用高性能電極材料の開発
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/surface/index.html
個別研究テーマ
テーマ 研究者
HOPG表面へのプラズマ照射と酸化還元活性の評価(Enhanced Catalytic Activity of Defective Highly Oriented Pyrolytic Graphite Induced by Plasma Irradiation) 吉村雅満
探針増強ラマン装置の開発 (Development of tip-enhanced Raman scattering spectroscopy) 吉村雅満
カーボン材料のナノ加工に関する研究 (Nanofabrication of nano carbon materials) 吉村雅満
酸化グラフェンの合成と評価(Synthesis and characterization of graphene oxide) ファン シンフェイ
Design and Characterization of IrO2 Electrocatalaysts Decorated on Heteroatom Doped Reduced Graphene Oxide プレルナ ジョシ
水電解用触媒の開発(Development of Electrocatalyst for Water Electrolyzer) 原正則
Development of Fabrication Process of Plasmonic Probe for Tip-Enhanced Raman Spectroscopy and Tip-Enhanced Photoluminescence(Development of Fabrication Process of Plasmonic Probe for Tip-Enhanced Raman Spectroscopy and Tip-Enhanced Photoluminescence) パンジャラプケサバ ラオ
直接形燃料電池用触媒の開発(Synthesis and Evaluation of Anode Catalyst for Direct type Fuel Cell) 原正則
Restoration of lattice defects in graphene oxide(Restoration of lattice defects in graphene oxide) カニシカ デ シルバ
キャパシタ用新規CNT複合電極の開発(Development of novel CNT composite electrode for capacitor) 原正則

ページのトップへ戻る