TOP > 研究室情報

研究室情報

機械システム分野

研究室概略 「軽くて強(剛)い機械構造・材料,この矛盾を計算力学で克服する」,その方法論と最適化手法の開発,設計への応用に関する研究を行っています.
研究室紹介 軽くて強い機械構造・材料 この"矛盾"を克服する計算力学シミュレーションと最適設計法に関する研究
 軽いものは弱く,強いものは重い.軽いことと強いことという相反する特性を両立させてこそ競争力に優れた製品を生み出すことができる.ナノからマクロまでの計算力学シミュレーションを駆使した構造最適化や強度評価を通じてこの"矛盾"を克服し、高付加価値な機械材料/構造設計を支援するための方法論の確立とその実設計への応用を目指している.
主な研究テーマ ・構造体の形状・形態最適化のための力学的逆問題の解法とその応用
・複合材料から成る構造体のマルチスケール最適設計に関する研究
・複合材ファンブレードの耐バードストライク強度に関する数値計算
・耐転動疲労特性を持つ高機能ナノ表面の原子シミュレーション
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/solid/index.html
個別研究テーマ
テーマ 研究者
複合材料の配向角・材料配置の最適設計法に関する研究(Research on Optimum Shape, Topology and Material Orientation of FRP Shell Structurers) 下田昌利
均質化法を利用したマルチスケール構造最適設計に関する研究 下田昌利
ソリッド体の形状デザインのための力学的逆問題に関する研究(Research on Inverse Problem for Shape Design of Solid Structures) 下田昌利
シェル構造体の形状・トポロジー最適化理論とその構造設計への応用(Solution to Shape and Topology Optimum Design of Shell Structures and their application to Structural Design) 下田昌利
骨組構造体の分布系形状最適設計に関する研究(Research on Parameter-free Method for Shape Optimum Design of Frame Structures) 下田昌利
並列ペリダイナミクス粒子法の開発(Development of massively parallel peridynamics simulation) 椎原良典
ヒト肌のしわ形成シミュレーション(Finite element simulation on large wrinkling of human skin) 椎原良典
第一原理局所応力計算法の開発(Ab initio study of polymer adsorption on nanoscale heterostructure surfaces) 椎原良典

ページのトップへ戻る