TOP > 研究室情報

研究室情報

物質工学分野

研究室名 物性理論   
研究室スタッフ 高野健一(教授) 
研究室概略 物質中の量子現象を解明する理論研究
研究室紹介 物質中の量子現象を解明する理論研究
 電気伝導や磁性などの物質の性質は,その物質の種類によって大きく異なり,驚くほどの多様性をもっている.それは,これらの性質がその物質中に含まれる多数の電子の量子力学的な振舞いによって決まり,この振舞いが物質によって大きく異なるからである.本研究室では,物質中で電子が強く相互作用する場合や,量子効果が特に重要となる場合に着目して,さまざまな電気伝導や磁性が出現するメカニズムを基礎的立場から理論的に研究している.物理学の中では物性基礎論や統計物理学といわれる分野である.必要に応じて数値実験も実行して,理論を補いつつ研究を進めている.
主な研究テーマ ・量子スピン系の性質
・低次元強相関電子系の性質
・物質の融解現象
研究室HP
個別研究テーマ
テーマ 研究者
強相関電子系におけるスピンとホールの束縛状態(Bound state of a hole and spins in strongly correlated electron systems ) 高野健一
金属の融解温度の定式化(Formula of melting temperatures for metals) 高野健一
1次元磁性体における量子スピン液体(Quantum spin liquid in one-dimensional magnets) 高野健一

ページのトップへ戻る