TOP > 研究室情報

研究室情報

物質工学分野

研究室名 高分子ナノ複合材料   
研究室スタッフ 岡本正巳(准教授) 
研究室概略 健康と命を守るためのバイオ材料工学の開拓
研究室紹介 健康と命を守るためのバイオ材料工学の開拓
 今日、ヒトゲノムの解明をはじめ分子生物学の発展、バイオテクノロジーの革新、されにナノテクノロジーによるマテリアルサイエンスの躍進がバイオマテリアルの研究分野とその応用分野をきわめて広汎なものにしている。今日注目されている再生医療においては優れた機能を有するバイオマテリアルの創製に大きな期待が寄せられており、生体組織工学を支える基盤技術としてなくてはならない課題となっている。このような背景のもと、本研究室では、材料工学の手法を用いて損なわれた組織の再生を促し、機能の復元や強化を図る研究を行っている。また、ガン細胞など、健康を損ねる生体組織の振舞いを解明し、それを制御するために材料工学の手法を用いた研究も推進している。
主な研究テーマ ・生体組織工学用高分子足場の創製
・遺伝子治療およびがん治療を目指した医療用高分子足場の創製
・中空球状構造アロフェンナノ粒子を用いた遺伝子・薬物輸送システムの開発
・乳腺がん転移機構の解明と制御
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Zairyo/5z50/okamoto.htm
個別研究テーマ
テーマ 研究者
ラッテクスナノ粒子の細胞毒性と組織工学への可能性探索(Cytotoxicity and potential application for regenerative medicineof of natural rubber latex particles) 岡本正巳
人工足場上で培養された乳がん細胞の形態、増殖性、運動性、薬剤耐性及び上皮—間葉転換に関する研究(Comprehensive study on cellular morphologies, proliferation, motility, and epithelial–mesenchymal transition of breast cancer cells incubated on electrospun polymeric fiber substrates)[大学間連携等による共同研究] 岡本正巳
ナノ薬物伝達システム創出に向けた粘土鉱物アロフェンの活用探索(New opportunities for drug delivery carrier of natural allophane nanoparticles on human cancer cells) 岡本正巳
高分子粘弾性ゲル足場で培養された乳がん細胞のがん幹細胞特性(Cancer stem cell characteristics of breast cancer cells incubated on viscoelastic polymeric gel scaffolds) 岡本正巳

ページのトップへ戻る