TOP > 研究室情報

研究室情報

機械システム分野

研究室名 設計工学   
研究室スタッフ 小林正和(准教授) 
研究室概略 未来製品を創造するコンピュータ援用設計の研究
研究室紹介 未来製品を創造するコンピュータ援用設計の研究
 近年の製造業における製品開発の高度化に伴い,設計・生産を支援するコンピュータ援用システムについても新たな枠組みが必要となりつつある.そこで,本研究室では,設計者の知的能力を高めることができるよう,記号処理による形状・製品モデリングや,推論・学習機能,最適化・決定支援などの新しい情報基礎技術を融合した設計者支援システムを研究している.
主な研究テーマ ・新しい枠組みによる概念設計支援技術
・最適化手法に基づく設計生産支援技術
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/5k40/
個別研究テーマ
テーマ 研究者
顧客の感性評価に基づく意匠設計支援(Aesthetic design based on the analysis of customers’ kansei evaluation) 小林正和
機械学習を用いた航空機主翼の寸法最適化(Sizing optimization of aircraft wing using machine learning) 小林正和
UAVの操作性向上を目的とした操縦者に対する操作反力の提示(Control system using haptic force feedback device for improving the maneuverability of UAV) 小林正和
コンプライアントメカニズムの車椅子サスペンションへの適用(Reliability-Based Optimal Design of compliant mechanisms) 小林正和
製品のライフサイクルを考慮した概念設計法/概念設計最適化(Method for optimizing product concepts considering product life cycle) 小林正和

ページのトップへ戻る